• あなたは1人じゃない
  • あなたは1人じゃない

うつ病から双極性障害へ

近年日本で異常な程の増加をみせているうつ病ですが、これだけではなく似たような症状に双極性障害があります。この双極性障害は気分障害の1つでありうつ病と同じような状態になります。しかしそれだけでは無く沈んでいる状態の鬱から、真逆のテンションまでの起伏が激しくなるのがこの双極性障害の特徴となっています。
ただのうつ病だった人が何かの表紙にこの双極性障害に変化してしまうようなこともありますし、突然双極性障害にかかってしまうこともあります。誰がいつかなってもおかしくないのがこの精神的な病気ですから、油断していてはいけません。
これらの病気はパーソナリティ障害を持っている人がかかりやすく、中々治療が難しい病気です。しかし、正しく治療していけば確実に症状は良くなりますし、今自分がどんな状態にあるのかを自覚することで正しい対処をしたり、助けを求めたり、投薬によって落ち着きを取り戻すことが出来るようになってきます。
1人でかかえていても良くなるような病気ではありません。何か変だと感じた時点で病院へ行くことをオススメします。これらの病気は本人がまったく自覚していない状態であることも少なくありません。何かが変わった、以前とは違う。そんな風に感じる人がいれば自然とカウンセリングや心療内科へ進むことを促すことも必要になってきます。
今では薬も進化し、どうしてこの病気にかかってしまうのかという問題も解明されつつあります。ですから昔のように放置するしか対応できない時代ではありません。病院へ通って治療して下さい。

  • 薬物療法
  • 社会生活は可能か
  • 落差が危険